Technology


取り扱い技工物

きちんとした適合精度、形態等を満たした技工物を製作する為には、一定の作業時間が必要になります。残念ながら、日本の歯科保険治療では作業時間に十分な時間を割くことは出来ません。
そのため、当社では自信を持ってご提供できる技工物を製作するために自費治療用の歯冠修復物のみを製作しています。

Photo
Photo

メタルセラミッククラウン

Photo

メタルボンド専用の歯科用合金の上に専用の歯科用陶材を焼き付けたものです。
外面は白色、内面は金属色です。
当社では、金属、陶材ともに山本貴金属地金(株)の製品を使用しています。

AGCセラミッククラウン

Photo

専用の合金の変わりに電鋳により製作した99.9%の純金のキャップの上に専用の歯科用陶材を焼き付けたものです。外面は白色、内面は純金ですのできれいな金色です。
AGCの一番の特色は、優れた適合精度です。
AGCガルバノクラウンはWIELAND社の電鋳システムです。

ジルコニアクラウン

Photo

金属を使用せずに、CAD/CAMにより製作したフレームの上に専用の歯科用陶材を焼き付けたものです。外面、内面ともに白色です。
金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。インプラント上部構造にも使用出来る強度があります。
当社では、特別な症例を除いて、スリーエムヘルスケア(株)のLavaシステムを使用しています。

プレストセラミッククラウン

Photo

金属を使用せずに、ニケイ酸リチウムガラスセラミックスのインゴットをプレスして製作したフレームの上に専用の歯科用陶材を焼き付けたものです。
歯の形にプレスしたものに色付けだけしてクラウンを製作することも出来ます。
外面、内面ともに白色です。
金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。ジルコニアより、強度は劣りますが、豊富な種類の透明感、色のインゴットにより、いろいろな審美回復の症例に対応できます。また、金属やAGC、ジルコニアのフレームの上にプレスすることも出来ます。
当社ではイボクラビバデント社のe−maxシステムを使用しています。

ハイブリットレジンクラウン

金属に接着させ製作するものと、金属を使用しないで製作するものの2種類があります。
レジンとは歯科用のプラスチックのことです。陶材に比べると、耐久性等が劣ります。
数種類販売されているハイブリットレジンの中で、当社では、強度のあるエステニア(クラレメディカル(株))とエステニアよりも強度は劣りますが、十分な磨耗強度があり、艶出しの簡単なSRアドーロ(イボクラビバデント社)の2種類を用意しています。

プレストセラミックインレー、アンレー、ベニア

Photo

e−max又はエンプレスエステティックで製作。

ハイブリットレジンインレー、アンレー、ベニア

Photo

エステニア、SRアドーロで製作。

インプラント上部構造

Photo

各メーカーのインプラントに対応しています。

その他

メタルクラウン、インレー、アンレー、ファイバーコア等

横浜市の歯科技工所をお探しなら【armonia】まで

横浜市歯科技工所に技工物の製作を依頼するなら、【armonia】にお任せください。こちらでは、金属を使用しないジルコニアクラウンや審美性の高いe-maxシステムを使用したセラミッククラウン、その他様々な歯科技工物を製作しています。インプラントの製作はもちろん、インプラント修理や歯冠修復も行っております。
直接患者さまと話をしてご要望を聞くシェードテイクも対応可能です。ほかにも「この場合にはどのような技工物がおすすめなのか」など、技工物に関するご要望・質問も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ